フケの出る病気

フケが多くなると病気ではなかろうかと心配になります。もし病気なら医者に診てもらった方が良いのかなと気になります。この章では、フケの出る病気について簡単に触れます。

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)または脂漏性湿疹は、頭部を主にして顔や体にも発症する炎症です。脂漏性皮膚炎の炎症の仕組みは、まず最初に油っこい食事が続いたりストレスや体調の変化など、何らかの原因を元にして皮膚に分泌される皮脂が多くなります。皮脂が多くなるとそれを養分にする皮膚の常在菌が増殖します。菌が作る過酸化物質の量が増えて皮膚への刺激が強くなると炎症を起こします。

皮膚の表面が荒れて新旧皮膚の入れ替えのサイクルが盛んになり、かさついた皮膚のかけらや脂っぽい皮膚のかけらがフケとなります。症状が進むと厚ぼったい大きなはがれとなってきます。

治療は、診断により症状に合った薬を使いますが、基本は、殺菌・抗菌効果のある薬剤入りシャンプー、症状によってはステロイド剤も使用されるので医師の指示する用法用量を厳格に守る必要があります。

粃糠疹

粃糠疹(ひこうしん)は、全身に発症する炎症です。紅斑の発疹と皮膚のかさつきが出て米ぬかのような細かい皮膚屑が出ます。ウイルス性とも考えられていますが、原因は明らかになっていません。頭部の粃糠疹は乾燥した細かいフケがでる症状で始まり、自然治癒せずに脂漏性の皮膚炎にすすんでいくパターンもあります。

乾性脂漏

乾性脂漏(かんせいしろう)は、脂漏によりフケが出る状態です。脂漏とは肌表面に皮脂が過剰に分泌されることです。炎症がおこると脂漏性皮膚炎になります。

乾癬

乾癬(かんせん)は、全身に発症する病変で、表皮に銀白色で鱗状のかさつきができます。原因は明らかではないですが免疫システムの問題とも考えられています。感染とおなじ音ですが乾癬は感染しません。家族内で多く起こることから遺伝性があるとも考えられます。

その他の皮膚炎

皮膚炎の原因は色々あり、ウィルス性感染、アレルギー物質の接触、ホルモンバランス等の体調の変化、温度変化など原因はたくさんありますが、結果として皮膚が炎症を起こし痒み、腫れ、荒れ、落屑などの症状が出ます。何らかの皮膚炎が頭部に発症すれば症状の一つとして皮膚の落屑が出ることもあります。しかしフケをおさえるためだけに頭皮の保湿やシャンプー類を替えたりしても根本原因に適った治療をしないとフケの改善はされません。

頭皮ケア商品



広告